温泉 徳島

2007年6月27日 (水)

ホテル祖谷温泉

中四国で、大自然に包まれながら素晴らしい源泉を堪能できる温泉と言えば、真っ先に浮かぶのが祖谷温泉。久しぶりに訪れたのでレポートします。

Setotyuoudou 東広島から祖谷温泉へは、山陽自動車道から瀬戸中央道が早い。風光明媚な備讃瀬戸を15分で渡りきり、四国へ。高松道を松山方面へ向かい、川之江JCT、川之江東JCTを通って徳島道に入り、井川池田ICで高速道を降りる。西条ICからここまでは215km、約2時間40分

Deaikanban 料金所を抜けて、信号を左へ。R192を10分弱走ると、松山方面と高知方面への別れ。高知方面、R32へ進むと、祖谷口。出合・黒沢湿原というサインに従って信号の交差点を左折、青い橋を渡る。この交差点には、ホテIyaguchiyamamichi ル祖谷温泉の看板もあるので分かり易い。
橋を渡るとすぐに道路情報板があるので、一旦停止して必ず確認すること。脅す訳じゃないけど、この先がけ崩れで通行止めとか多いんです。その時は、橋を引き返して大歩危から祖谷に入るしかない。

Yamamichi2 対向車とすれ違えないような狭い山道を進むと、視界が開けて遠くに建物が見えてくる。それがホテル祖谷温泉。ここまでくればあと10分もかからない。さらに山道を進みホテル祖谷温泉に到着。井川池 田ICからここまでは50分

Iyaonsengenkanクルマを駐めて、玄関をくぐる。日帰り入浴は内湯だけだと500円露天風呂共通券は1500円。ここで露天風呂に入らないのは、餃子の皮だけを食べる行為に等しい。当然、1500円を支払う。

露天風呂は谷底にあり、ケーブルカーで行く。1500円は運賃を考えると納得できる。乗り場へ着くと、ちょうどケーブルカーが上ってくるとこKeburu2ろだった。片道7分。15分間隔での運行。

「ケーブルカー、綺麗になりましたね。」 従業員さんに尋ねる。
「3年前に買い 換えたんですよ。ここができてから3台目。」

車内は17席。急な階段状の構造が斜度を物語る。

「全員乗られたので一番前のお客様は、下りのボタンを押してください。帰りは上りのボタンを押してくださいね。ドアの開閉は手動でお願いします。」
運転はセルフサービスである。

Keburusyanai急な斜面を下ると言うよりは落ちるに近い角度で下っていくと、V字谷の底に渓流が見えてくる。この景色だけでも一見の価値があるほど。こんなところで露天風呂に入れると思うだけでワクワクしてくる。

下の駅で下車すると、さらに階段をくだってようやく湯小屋に到着。ずいぶん小綺麗になっている。入口から男女別に仕切られていて、脱衣場はエアコン、ウォッシュレット完備。早速脱いで湯船に。

Iyarotenyubune1 渓流に面した野趣溢れる露天風呂の景色は素晴らしい。巨岩ときれいな水の流れ。普段見ることのできない風景の中での入浴は、最高の転地効果を得ることができそうだ。

Iyarotenyuguchi1 新鮮な湯が豪快に注がれている。湧出量毎分1500リットルは、中四国でもトップクラス。透明な湯だが、白い鉱物分が浮遊しているため、やや白濁して見える。前回来たときはもっと白濁していたが、今回は透明度が高い。源泉そのままなので、その日によって成分が変わるのかもしれない。湯温は38℃くらいか。非加熱の掛け流しなので、ぬるめの湯は真冬はやや寒いが、夏でも快適に入れる。

成分は単純硫化水素泉硫黄臭が漂う。phは9.4のアルカリ泉。すべすべ感がとっても気持ちよい。近場の温泉に例えるなら、ホテル奥道後の湯に近いかも。

湯に浸かりながら、ケーブルカーで一緒になった方とお話しする。

「どちらからですか?」
「広島から日帰りです。車で3時間ちょっとなんで。」
「そんなに近いんですか。私は島根なんですよ。前回は立ち寄り湯だったんですが、とても良い湯なので今回は夫婦で1泊です。」
「それは羨ましい。ご夫婦で温泉好きだといいですねえ。」
「好きなのは私だけですよ。女房は仕方なく、かも。」

なかなかの亭主関白ではないか。
それにひきかえ我が家は・・・いや、言うまい。ひとりででも温泉に行かせて頂けている身に、まずは感謝。

***** ***** ***** *****

Iyabijinnenkeiホテル祖谷温泉を出て、かずら橋方面に10分ほど走ると、祖谷美人という新しい旅館兼蕎麦屋ができていた。平成18年12月オープンとのこと。
このあたりは祖谷蕎麦が有名。私は大の蕎麦好き。加えてとっても空腹だったので思わず入ってしまう。
店内は70~80人収容できそう。Iyabijintaniそば御前1400円を食べる。蕎麦は二八蕎麦か?蕎麦には珍しい平打ち麺。蕎麦の香りはまずまず。食べた後、裏に抜けるとテラスがある。席数は30席くらい。祖谷渓谷を展望できるようになっていた。ここで、ヤマメを焼きながら食事なんてのも良さそう。

いい温泉に浸かり、おいしい蕎麦を食べる・・・幸せな1日でした。

【お詫び】

そば御前の写真がないのは、あまりにも空腹だったので、写真を撮るのも忘れて食べてしまったから。 失礼しました。

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ