グルメ・クッキング

2014年3月18日 (火)

東広島にもイタンリアン・バルが登場

「ごはんがなくなりました。食べて帰ってください。」

日曜出勤のうえ残業していると、妻からメールが届いた。

食べ盛りの子供を含む8人家族の我が家では、最大1升+3合ふたつの釜でご飯を炊くが、それでも年に何日かはこんな連絡がある。

広島大学周辺の学生街に立ち寄り、時々行く居酒屋「Reset」に行くと定休日。

隣のお好み焼き屋さんは、たった今暖簾をしまいました、という風情。明かりはついているがドアは開かない。

日曜日23時過ぎだから仕方ない。

そんな中、その2軒のあるビルの奥に明かりが灯いている。ここは年末まで「ろびん」という燻製の美味しいレストランがあった場所。もしや新しいお店ができたかなと覗いてみると・・・

正解でした。

イタリア料理店「SALE e PEPE」(サーレ・エ・ペペ)。

翻訳すると、「塩と胡椒」だそうです。

なんと本日オープンしたばかりとのこと。

これも何かの縁と、とりあえず入ってみた。

内装は、ほぼ「ろびん」そのまま。まだとってもきれいなお店でしたから触る必要がなかったのでしょう。

メニューは、ボードに本日のおすすめ料理が書いてありますが、メニュー表も席に持ってこられた。

イタリア料理店のカテゴリーとしては、大衆的なBar(バル)に分類されるそう。

20~30種類あるメニューは単価500円平均。なんとパスタまで500円。

ワインも15種類くらいあったでしょうか。グラスで300~700円と、こちらもお手頃価格。

とりあえず、いろいろ食べてみることに。

オーダーしたフードは

■本日の鮮魚のカルパッチョ

Img_20140316_235411213_r_3

値段の割に結構なボリューム。旨味を引き出す塩加減も私好み。

■鶏レバーのクロスティーニ ■バゲット

Img_20140317_001702704_r_2

クロスティーニをバゲットに乗せて赤ワインを頂き始めると無間地獄。

ワインがいくらあっても足りませんね。

■イカの詰め物~ミニトマトとブラックオリーブのキャベツソース

Img_20140317_002705754_r_2

もっちり食感のイカ。いろんな味が楽しめました。

■えびとマッシュルームのトマトソースタリアテッレ

Img_20140317_004743387_r_2


食べかけの写真でゴメンナサイ。

タリアテッレはきしめんのような生麺。一般的に生麺は重く感じるが、これはふんわり軽い食感が印象に残った。

ワインは当然?イタリアのワイン。

赤3種類、白2種類、合計5杯のグラスワインを、料理に合わせて出していただいた。

銘柄やブドウ品種もメニューに書かれていますが、覚える気力がないので・・・。

でも、個性的なワインが多く楽しめました。

料理のポーションは、ひとりで食べるにはちょうど良いか、やや多め。

二人だと少なめくらいか。

コストパフォーマンスは十分高いと思う。

味の傾向は、総じて優しい印象。

お店の名前から濃い味を予想していましたが、意外。

お酒を飲む人、飲まない人、どちらにも合わせてあるのかなと。

失礼ながら、最初単価を見て、嫌な予感(安いけれど味もそれなり、みたいな)が頭をよぎったが、良い意味で予想が外れ、とっても美味しくいただきました。

ほかのお客様が引けた後で、客が私ひとりだったので、オーナーシェフの加藤さんにお話しをうかがうことができた。

「私とトスカーナ地方出身のイタリア人シェフ、ワインの知識豊富な女性シェフの3人で立ち上げました。みんなで料理を作り、みんなで接客もしていきます。」

「広島大学の学生街なので、学生さんが気軽に楽しめるイタリア料理ということでバルにして、価格も低く設定してみました。」

本日は、ひとりにしてはかなり多めのオーダーだったが、

これだけ飲んで食べて、お会計は4千円台半ば。

普通に食べての平均単価は、2~3千円ではなかろうか。

広告もこれからということだが、人気が出そうな予感がするので、混み合う前に通ってみようかなと思います。

2014年1月24日 (金)

蕎麦

年越し蕎麦を打つため、毎年蕎麦を僅かばかり植えているが、今年は秋の台風で壊滅。

しかたなく地元のJA広島中央に、市内で収穫した玄蕎麦を1袋(25kg)注文したが、12月15日を過ぎても音沙汰がない。

「おーい、早よ持ってきてくれんと年越し蕎麦が新年になるで。」

と催促したところ、20日にようやく持ってきてくれた。

「今年は地元産はほとんど台風でやられて全然集荷できんのよ。これも実は1袋分ないんじゃが、蕎麦がないと困ってじゃろうと思って。」

量ってみると22kgしかない。しかし、ないことを思えばありがたいので買わせていただいた。

袋には出荷者の住所氏名が書かれている。 今年の蕎麦は豊栄産。

12月連休の最終日23日にとりあえず15kg製粉した。

Img_20131223_161433508_r_2 Img_20131223_161503812_r_3

まずは、荒く挽いてそば殻だけを取る。

Img_20131223_165134171_r_4 Img_20131223_165237874_r_2

挽いた粉を再度粉ひき機に入れ、歯車を少し締めて再度挽く。

ふるいも目の細かい物に変えて再度選別。

Img_20131223_180032576_r_2 Img_20131223_180334237_r_2

今年はこれを4回繰り返しようやく完成。

機械が熱を持つので、冷ましながらやっているとこれが半日仕事。

買った方が安いじゃない、とか、せめてそば粉だけでも買えば?とかよく言われます。

が、食べた時の、喉から鼻腔に立ち上ってくる蕎麦の風味は、挽きたて打ち立ての蕎麦ならではのものがあり、やめられないんです。

あわただしい年末ですが、蕎麦を打って餅をつくという季節感くらいは持ち続けることができればと思うこの頃。

2013年11月18日 (月)

イクラの季節

「生のイクラが入ったよ。」

料亭の方に勧められるとつい食べたくなります。いくらって醤油漬けか塩漬けですが、この時期(10~11月)だと近所のお店にも秋鮭の生イクラが入荷するみたいです。

生イクラならではのプチプチっとした歯ごたえはこの時期ならではのものですね。

最近地元西条で食べたものを紹介します。

Pb120945_r

「華てまり」さんの鮭いくら丼。

たっぷりのイクラと鮭の切り身の親子丼です。

写真は醤油で仕上げる普通の物ですが、炙り鮭マヨバージョンもあって、こちらも美味しいです。

Img_20131115_215338586_r

「希味」さんのいくら丼。

大将が筋子で仕入れ、仕上げるそうです。醤油漬けにしてありますが、作りたてなので弾力は十分。

食で季節を感じる事のできる和食っていいですね。

2012年12月24日 (月)

クリスマスイヴ

ゆっくりと家で過ごすクリスマスイヴ。

6号のクリスマスケーキも大家族(8人)で分ければあっという間になくなります。

クリスマス定番のホットカクテル「トム&ジェリー」を作ってみました。

ラム+ブランデー+泡立てた卵+砂糖をお湯割りにします。

Photo Photo_2

我が家にはタンブラーがないので、ティーカップで代用。

このいい加減な飲み方も「おうちカクテル」ならではのもの。

我が家の女性陣には、ほっと温まって美味しいと好評でした。

2012年2月19日 (日)

1965年購入のOldParr

今夜は 、ご近所さん9名で某温泉旅館に泊まっています。

バスツアーなので、部屋飲み用に各々好きな酒を持ち寄るのですが、ある人が「これ、まだ飲めるかな?」と持ってこられたのがOldParrのオールドボトル。

K3330004K3330002K3330003  

昭和40年、当時まだ沖縄が返還前で外国だった頃に、那覇の免税店で買ったそうです。

購入価格は3~4ドル。

1ドル360円、月給が手取り2万円なかった時代。

以来、自宅のローボードでずっと眠っていたとのこと。

K3330007K3330006_2 「飲めるのか?」

「もしかして我々のようなど素人には猫に小判の逸品じゃないのか?」

さすがにみんな飲むのをためらい、結局開栓しないまま持ち帰ることになりました。

どなたかお詳しい方あれば教えてください。

2012年2月 7日 (火)

イチゴシフォンケーキ

P2050304_r 先日ブログにも書いたラネージュのシフォンケーキの中に、生地にイチゴを練りこんだもの(確か、悪魔のシフォンケーキ)があり、とても印象に残ったので自分でも作ってみることにした。

過去にフルーツシフォンをいろいろ試したときにイチゴにも挑戦したが、生地をイチゴらしい色に発色することができずあきらめたことがあった。
今回は、その時のレシピを元に着色する材料を探し、なんとか仄かなピンク色のシフォンケーキができあがった。

写真は2種類の試作品。向かって右側にはイチゴチョコチップを入れ、左側はシロップ、ジャムの分量を増やしたもの。

家族、知人、職場の女性などに食べ比べてもらい、感想をいろいろ伺った。

もう少し改良して、特にチョコレート入りの方はバレンタインデーまでにレシピを完成させるつもり。

もちろん、娘たちのために・・・です。







2012年1月30日 (月)

おむすびのGABA

Gyaba 精米機で有名なサタケが、おむすび専門店「おむすびのGABA」をオープンした。

オープン初日に行った時は、握ってやや時間が経っている感じのむすびで正直イマイチという印象だったが、ドライブスルーができた後、再訪したら、オープン当初より格段に美味しくなっていた。以来時々利用している。

コンビニのむすびもおいしいが、米の弾力など作りたて感はこちらが上。ただ、量的には割高感がある。

ウリはギャバライスという「白米」でありながら「玄米」の成分を取り込んだお米らしい。サタケが生成装置を作っているとのこと。PR館として始めたのだろうか。

GABA自体は食味成分ではなく、「体にいい」成分のようなので、ギャバライスだから美味しいということはないのだろうが、地元東広島の「お米」に関わる企業として、今後も一層美味しいむすびを提供いただけるんじゃないかなと期待しています。

2012年1月22日 (日)

ラネージュのシフォンケーキ

シフォンケーキで有名な、広島市内牛田にある「ラネージュ」に行きました。
買って帰ったのは6種類。

Photo_2まずはプレーン。
たまご感たっぷりのきめ細かいしっとり生地にクリームとイチゴ。
人気No.1という表記にも家族みんな納得。







Photo_4続いて、ピスタチオ。
クリームも美味しいのですが、個人的には特に生地が気に入りました。生地からも自然なナッツの香りがして食感も秀逸。
しかし、味の好みは家族で意見が分かれました。





Photo_5 栗。
とっても「栗」してます。自然な甘さが印象的。
生地はかなりしっとりして重め。








Photo_6 悪魔のシフォン。
生地に練りこんであるのは木苺?
ヨーグルトベースのクリームとの相性が素晴らしい。
生地の食感も好評でした。






Photo_7 オペラ。
チョコレートシフォンがベース。
生地の中のガナッシュが食感、風味を高めています。
食感はシフォンのふんわり感よりはしっとり感を優先されたようで、美味しいけどシフォンって呼んでいいの?という声も。






Photo_8 バナナ。
これは、一口もらいそこねました。
食べた母は、「とても美味しかったよ」
・・・具体的にはわかりません。







今日は大学入試の長女が高校で最終面談、高校入試の次女は第2志望の受験だったので、親も送迎や面談で気ぜわしい1日。
夜、子供たちと進路について話す際のアイテムとして買いましたが、美味しいケーキのおかげでゆっくり和んだ時間を持つことができました。


2009年8月29日 (土)

レアチーズケーキ

Photo 「業務用クリームチーズがあったので買ってきたよ。」

シフォンケーキ作りに使うクリームチーズを安く買う方法はないかと職場の女子社員に話したところ、数日後に買ってきてくれた。会社の近くにある業務用スーパーに不定期で入荷するらしい。1kg970円は確かに安い。

早速シフォンケーキに使おうかと思ったが、夏はいかにも暑い。そこで、レアチーズケーキに挑戦することに。

Photo_2 ネットでレシピを検索、最初に作ったのはクリームチーズ、ヨーグルト、生クリームのベーシックなもの。ただし、ボトムは少し遊んでみた。レシピのボトム素材はグラハムクラッカーやマリービスケットを勧めていたが、敢えてたまたま家にあったクラコットを砕いてバターで固めて焼いてみた。結果は写真のとおり粉が多く出たが味はとっても好評。バターの量を調整すれば使えそう。

Photo_3その後いろいろ試してみて、最新作(5台目)がコレ。生クリームの代わりに卵白を使ってふわふわ感を強め、抹茶を少しマーブル模様に入れてみた。食感については、ふわふわ派としっとり派両方いて賛否両論あると思いますが…。抹茶とチーズは意外に相性が良いですね。先にチーズの酸味が来て、余韻に抹茶が残る感じ。

これは1ホールまるごと職場に持っていき、みんなに食べてもらいました。安いチーズを探してきてくれたお礼です。

*** *** *** ***

レシピ

抹茶マーブルふわふわレアチーズケーキ(仮称)

1.材料(18cmケーキ型)

 ■ボトム
  マリービスケット  100g
  無塩バター      70g

 ■生地
  クリームチーズ   200g
  プレーンヨーグルト 200g
  ラム酒        小さじ2杯 
  ゼラチン        10g
  水(ゼラチン用)    40g
  グラニュー糖      60g
  水(グラニュー糖用)  35g
  レモン水       大さじ1杯
  抹茶           10g
  卵白         L玉2個分
  グラニュー糖      20g
 

2.手順

①マリービスケットをフードプロセッサーで細かく砕き、レンジで溶かしたバターを流し込んで全体になじむよう掻き混ぜる。
②ケーキ型にクッキングペーパーを敷き、その上に①を敷き詰める。スプーンの背で均一に押し固める。
③オーブンで②を180℃で10分焼き、冷ましておく。
④ゼラチンを40gの水に入れ、湯煎またはオーブンの予熱で溶かす。
⑤クリームチーズを電子レンジで柔らかくし、ボウルでクリーム状になるまで練る。
⑥⑤にプレーンヨーグルト、レモン水、ラム酒、ゼラチンを入れ、その都度よく混ぜ合わせる。
⑦⑥を1/3ほど別のボウルに移し、抹茶をふるい入れ混ぜ合わせる。
⑧小鍋に35gの水を入れ、60gのグラニュー糖をひたひたになるよう少しづつ均一に入れ、中弱火で暖め溶かす。焦げ付かないよう注意。
⑨卵白、ボウルを良く冷やし、ハンドミキサーでメレンゲを作る。少し泡だったところでグラニュー糖20gを加え、さらに角が立ちおじぎするくらいまで泡立てる。
⑩⑨に⑧を少しづつ流し込み、ハンドミキサーで泡立てる。一旦泡がゆるむので、再び角が立ちゆっくりおじぎするくらいまで。
⑪⑩のメレンゲを少し⑥と⑦に移し、各々よく混ぜてなじませる。続いてさらに1/3を⑥に移しゴムへらでさっくり混ぜ、最後に全部移しさっくり混ぜる。
⑫抹茶のない方の生地を③のケーキ型に流し込む。
⑬抹茶を混ぜた方の生地を⑫の上から流し込む。
⑭⑬を箸2本で掻き混ぜる。上下が混ざるように箸でつまんで持ち上げたりして模様を描く。混ぜすぎると模様が消えるので注意。箸を底に当てないように。(ボトムが削れるので)
⑮冷蔵庫で4時間冷やし固めて完成。

2009年8月 9日 (日)

Bar MONTO

久しぶりに竹原市で飲食の機会があった。

仕事がらみの食事の後はひとりになり、Bar MONTOに向かう。2年前に一度訪れて以来。この街ではBarというものを他に知らない。

「こんにちは」

「おひさしぶりです。」

「えっ?覚えていらっしゃいますか。」

「確か、東広島にお住まいで西条のBarで飲んでいらっしゃると…。モルトがお好きでしたよね。」

「正解です。すごいなあ。」

「今日もモルトですか?」

「いや、今日は暑いのでモルトは重いです。ジントニックがいいかな。・・・ジンは何をお使いですか?」

「そうですね。ゴードン40%、ゴードン47%、ビフィーター40%、ビフィーター47%、ビフィータークラウンジェル、タンカレー、タンカレーNo.10、ボンベイサファイア、プリマス、ブードルス、ロンドンヒル、オールドトム、ブーズバリーオレンジGin、エギュベル、シュタインヘーガー、プリマスジン…。度数違いを含め16種類ですね。」

Monto1「・・・ジンって飲んだことあるのは5種類くらいです。そんなにあることすら知りませんでした。ジンに拘りをお持ちなんですか?」

「いやいや(笑)。最近たまたま揃えてみただけです。どんな感じがお好みですか。」

「あまりドライでない方がいいですね。ボンベイサファイヤみたいな。できれば違うヤツでなにか・・・。」

「では・・・ロンドンヒルをお出ししてみましょう。」

Monto2 この後、イチローズモルトのカードなど4杯ほど頂きながら2時間ばかり滞在。この日は平日でもあり、私以外に客は誰も来なかった。私にとってはマイペースで飲める居心地の良い時間でした。もっとも、街に1軒しかないBarの宿命で、幅広い客層を受け入れるため、その日の客層によって店の雰囲気も変わるそうです。

また竹原で飲む機会があれば立ち寄りたいお店でした。

*** *** *** ***

Bar MONTO

竹原市中央3-5-7
電話:0846-22-1078
営業時間:19:00~3:00
定休日:日曜日+第2月曜(時々変わるそうです)

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ