« 石槌山温泉 温泉旅館京屋 | トップページ | ひさしぶりの湯原温泉 »

2012年8月15日 (水)

豊稔池ダム

【2012年6月】

仕事の下見に行く友人に誘われて香川の豊稔池ダムを見に行った。

マルチプルアーチ式ダムという見慣れない形状のダムである。

黒部ダムのように、川幅いっぱいのアーチではなく、途中に水圧を支える巨大な止水壁を作り、複数のアーチで支える構造。

1926年に着工、1930年に完成。大きさでは最近の巨大なダムと比べるべくもないが、重機のない時代に地元の農家を動員し手作業でたったの4年で作り上げたと聞くととても大きく見える。
降水量が少ない同じ瀬戸内に住むものとして、この地域で農業する者の水に対する執念を感じる。

長年の風雨にさらされた姿は、欧州の古城のような風格を感じる。
堰堤直下の親水公園でしばらくの間思わず見とれていた。

梅雨で雨がたまる7月上旬にはユルヌキと呼ばれる放流があり、幻想的な姿が人気があるとのこと。
私の尋ねた6月、雨ではあったが残念ながら放水はしていなかった。

友人は2週間後に200名のお客様を連れて再訪、その時は見事な放流が大好評だったそうです。機会があれば一度は見に行かれることをお勧めします。

【アクセス】 高松自動車道大野原ICから車で15分(約8km)

Photo_8 2_4 Photo_9


Photo_10

« 石槌山温泉 温泉旅館京屋 | トップページ | ひさしぶりの湯原温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/46699004

この記事へのトラックバック一覧です: 豊稔池ダム:

« 石槌山温泉 温泉旅館京屋 | トップページ | ひさしぶりの湯原温泉 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ