« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年8月

2012年8月15日 (水)

豊稔池ダム

【2012年6月】

仕事の下見に行く友人に誘われて香川の豊稔池ダムを見に行った。

マルチプルアーチ式ダムという見慣れない形状のダムである。

黒部ダムのように、川幅いっぱいのアーチではなく、途中に水圧を支える巨大な止水壁を作り、複数のアーチで支える構造。

1926年に着工、1930年に完成。大きさでは最近の巨大なダムと比べるべくもないが、重機のない時代に地元の農家を動員し手作業でたったの4年で作り上げたと聞くととても大きく見える。
降水量が少ない同じ瀬戸内に住むものとして、この地域で農業する者の水に対する執念を感じる。

長年の風雨にさらされた姿は、欧州の古城のような風格を感じる。
堰堤直下の親水公園でしばらくの間思わず見とれていた。

梅雨で雨がたまる7月上旬にはユルヌキと呼ばれる放流があり、幻想的な姿が人気があるとのこと。
私の尋ねた6月、雨ではあったが残念ながら放水はしていなかった。

友人は2週間後に200名のお客様を連れて再訪、その時は見事な放流が大好評だったそうです。機会があれば一度は見に行かれることをお勧めします。

【アクセス】 高松自動車道大野原ICから車で15分(約8km)

Photo_8 2_4 Photo_9


Photo_10

2012年8月 8日 (水)

石槌山温泉 温泉旅館京屋

【2012年6月】

友人と香川からしまなみ海道を経由して帰る途中、温泉に浸かりたいということになり、松山自動車道を降りて石槌山温泉に立ち寄った。

場所は、まさに石槌登山ロープウェイ乗り場そのもの。日曜日とはいえ山開きもしていない6月、走る車もまばらで松山道いよ西条ICから35分で到着。

閑散としたロープウェイ乗り場が近づくと、「石槌山温泉」、「温泉旅館京屋」の看板があるので場所はすぐに分かった。
入口付近は昭和レトロ(意匠ではなく、そのまま昭和30年代から続いている感じ)な食堂と土産物屋になっていて、一見旅館には見えない建物。

「お風呂に入りたいんですが。」

「ひとり500円。こちらから入って。」

食堂のおばちゃんに声をかけて案内していただく。

脱衣所に入るが、誰もいない。ちらっと浴室を見てもやはり空っぽ。貸し切り状態の入浴は得した気分。

2 4人くらいがちょうどよさそうな小振りな湯舟に白濁の湯。中心からブクブクとジャグジーのよう泡が吹きだし、湯舟全体に広がっている。

湯舟全体が温泉の析出物に覆われている。かけ流しかなと思ったが、よく見るとお湯は溢れていない。循環させているようだ。

浸かってみる。アロマは微かな鉱物臭がする程度で、硫化水素臭はしない。白濁しているのは硫黄ではなくカルシウム分らしい。硫化水素臭フェチとしては少し残念。

平成18年の成分分析表によると、成分は含二酸化炭素・ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉。成分総計8.067gと中四国でもトップレベルの濃厚な湯。それを裏付けるように、肌触りはかなりぬるぬるとしている。肌感覚で中四国の他の温泉と比較すると、千原温泉、柿木温泉あたりに似た感触だが、その割に鉱物臭が少ないのが特徴といえるかもしれない。炭酸ガスも感じなかったが、元々弱いのか、冷鉱泉を沸かす過程で飛んだのか、あるいはこのジャグジーが原因かもしれない。

1 4 析出物に覆われた湯口から時々思い出したように湯が注ぎ込まれる。湯船から出る時に作動するので、水位センサーがあるのだろう。湯温は湯口付近で42〜43℃、平均40℃くらいだろうか。

湯は綺麗で不快感はない。確認もせず循環泉だろうときめつけているが、利用人数が少ないからか半循環なのか私の勘違いなのか。。

個人的な好みで言わせてもらうと、鄙びた山間の温泉にゆっくり浸かりたいのに、ジャグジーの音と感触が邪魔をしている感じがした。また、泡立ちによって温泉の感触・アロマを感じづらくなっている気がする。
利用者の多くが登山客や修験者だとすると、疲労を癒すジャグジーが正解だとは思うが。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ