« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月14日 (土)

サントリーオールドのパネル時計

部屋の片付けをしていたら、タンスの裏の隙間から古いパネル時計が出てきた。

Photo_2 私が新卒入社して間もない頃、いきさつは忘れたが、当時の上司からいただいたものだ。

自分の部屋で数年使い、その後故障した際に、そのままタンスの裏側に仕舞い込んだものと思われる。

(家族や知人から、ねずみ年生まれは、使えないものでも捨てずに仕舞い込むと、よく非難されています。
^^;)

オールド右側のアンティーク時計が本物の時計になっている。
当時でも結構気に入っていたのだが、30年の時を経て改めて眺めると、昭和の薫りが郷愁感を誘うなんともいい味の絵に熟成しているように思えてくる。

さすがサントリー!^^;

*** *** *** *** ***

この時計の素性をネットで調べてみた。

一番詳しく紹介されていたのが、
Tictoc(チクタク)さんのHP「TIMEKEEPER古時計どっとコム」。
この中の「アンティーク時計のパネル時計」に、この時計が、昭和50年頃、サントリーが販促用に特約酒店に配った非売品であることや、背景が歌舞伎町の老舗ジャズ喫茶「木馬」の古時計コレクションであること等詳しく書かれている。

Photo_3 30年ぶりに見つかったのも、これを再び世に出せという何かの啓示のような気がして、府中市の時計手作り工房ナカタニに修理を依頼した。この店の息子さんとは同じ会社で働いた間柄。手作り時計というマニアックなお店なので、この手の修理は得意だろうという判断。

メカも時代を感じさせてくれる代物。
ムーヴメントはJECO製音叉時計。現在JECO社はトヨタ系の車載時計、マルチディスプレイメーカー。また、音叉時計とは、機械式時計からクォーツ時計に変わる過程でごく短期間製造されたムーブメントらしい。

部品調達の術もないので、ムーブメントは最近の
クォーツに、また分針が折れていたので、これも同じようなデザインのものに新調してもらった。
オリジナルを替えてしまうのは少し悩んだが、時計である以上は使えてなんぼ、戦艦大和が宇宙戦艦ヤマトになったと思うことにする。

費用総額3,500円で再び時計として蘇った姿が上の写真。

子供たちも、「かっこいい。」 「どうしてこんなものがうちにあるの?」 と興味を惹いているようで概ね好評。

「ねずみ年の性癖も捨てたもんじゃないだろ?」 と言いたいが、こういう事は自分から言うことではないので、誰かが言ってくれるまで待つことにする。

どこに掛けるか決まらず、今のところ部屋の隅に置いている。

置き場所が決まるまで、もし需要があれば、どこかの酒場に期間レンタルするのも一興かなと思ったり。。。

2012年7月 5日 (木)

親子の会話が途切れる時

夜8時頃、大学生になったばかりの娘を乗せて車を運転中のできごと。

ラジオのパーソナリティが、「他人が握ったおにぎりを食べることができるか?」というテーマで語り始めた。

「フツー食べるだろ?」と私。

「えっ?私ムリかも。」と娘。

「なんで?店でも手作りおにぎり売っているだろ?」

「店で売っているのは別。ゴム手袋で握ってそうじゃん。フツーの人だと親しくてもなんかキモい。」

視聴者の投稿では「食べる派」より「無理派」が優勢のようだ。
相場としては、食べるのは母親のおにぎりだけ、彼女でさえ微妙らしい。

「時代は変わったんだなあ。お父さんの子供の頃は祭りでも部活でも他人が作ったおにぎりを食べるのが当たり前だったんだが。」

「今の部活は基本コンビニおにぎり。機械のおにぎりがフツーだもんね。」


と、パーソナリティが投稿を読み始めた。

「今つきあってる彼が、私のおにぎりをキモいと言って食べてくれません。『えっちの時にはアソコを喜んで舐めるくせに。』と言うと、『アレは別モードだから。』って。」

「・・・・・・。」

「・・・・・・。」


民放とはいえ、全国に配信するキー局が・・・

こんな時間から、親娘の会話が途切れるような放送を・・・!?

それとも、最近の感性ではこの程度のネタはゴールデンタイムでもアリ!?

時代が変わったのはおにぎりだけじゃなさそうだ。


« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ