« こわいおじさん | トップページ | 親子の会話が途切れる時 »

2012年5月 9日 (水)

親子の会話

ゴールデンウィークのある日、家族で呉の入船山記念館に出かけた。

駐車場で車を降りると、なんと蝉しぐれ。

いくら呉が温かいといってもまだ夏じゃないんだから。

と夫婦で話しながら歩いていると

「ハルゼミだよ。」 と一番下の中1の息子。

「そんなセミいるの?」

「昔から日本にいるよ。東広島でも6月には見かけるよ。」

ああ、ついに末の子にも教えてもらう年になったかと少し寂しくなった。

« こわいおじさん | トップページ | 親子の会話が途切れる時 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/45198625

この記事へのトラックバック一覧です: 親子の会話:

« こわいおじさん | トップページ | 親子の会話が途切れる時 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ