« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

1965年購入のOldParr

今夜は 、ご近所さん9名で某温泉旅館に泊まっています。

バスツアーなので、部屋飲み用に各々好きな酒を持ち寄るのですが、ある人が「これ、まだ飲めるかな?」と持ってこられたのがOldParrのオールドボトル。

K3330004K3330002K3330003  

昭和40年、当時まだ沖縄が返還前で外国だった頃に、那覇の免税店で買ったそうです。

購入価格は3~4ドル。

1ドル360円、月給が手取り2万円なかった時代。

以来、自宅のローボードでずっと眠っていたとのこと。

K3330007K3330006_2 「飲めるのか?」

「もしかして我々のようなど素人には猫に小判の逸品じゃないのか?」

さすがにみんな飲むのをためらい、結局開栓しないまま持ち帰ることになりました。

どなたかお詳しい方あれば教えてください。

2012年2月 7日 (火)

イチゴシフォンケーキ

P2050304_r 先日ブログにも書いたラネージュのシフォンケーキの中に、生地にイチゴを練りこんだもの(確か、悪魔のシフォンケーキ)があり、とても印象に残ったので自分でも作ってみることにした。

過去にフルーツシフォンをいろいろ試したときにイチゴにも挑戦したが、生地をイチゴらしい色に発色することができずあきらめたことがあった。
今回は、その時のレシピを元に着色する材料を探し、なんとか仄かなピンク色のシフォンケーキができあがった。

写真は2種類の試作品。向かって右側にはイチゴチョコチップを入れ、左側はシロップ、ジャムの分量を増やしたもの。

家族、知人、職場の女性などに食べ比べてもらい、感想をいろいろ伺った。

もう少し改良して、特にチョコレート入りの方はバレンタインデーまでにレシピを完成させるつもり。

もちろん、娘たちのために・・・です。







« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ