« 備前屋甲子 | トップページ | 鳥取・賀露漁港 »

2009年7月25日 (土)

岩井温泉・岩井屋(再訪)

【2009年7月】

日曜日、温泉好きの知人とふらりクルマで出かけた。行き先を決めずのドライブで、たどり着いたのが鳥取県の東の端、岩井温泉。共同湯の湯かむり館隣接の駐車場が満車のため、となりの岩井屋で入浴することにした。

岩井屋は3回目の訪問。純和風のこぢんまりとした館だが、手が行き届いていて感じよい。香を焚き詰めた館内を奥に進むとお風呂がある。

Iwaiya1Iwaiya2幸い他のお客様は誰もいない。湯船には湧いたばかりの源泉が掛け流されている。

「やさしい湯だねえ。」と友人。

彼は昭和50年頃から全国津々浦々の温泉を巡っていて、温泉のキャリアは私などより数段上。しかし、岩井温泉ははじめてとのこと。その彼の第一印象が先の言葉。

ほんとうに岩井温泉の湯はやさしい。特に岩井屋の源泉にはまろやかさを感じる。

誰も入ってこないので1時間以上も長湯してしまった。本当にくつろげました。感謝。

※岩井屋の過去記事はコチラ

« 備前屋甲子 | トップページ | 鳥取・賀露漁港 »

温泉 鳥取」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240516

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井温泉・岩井屋(再訪):

« 備前屋甲子 | トップページ | 鳥取・賀露漁港 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ