« 冬の散歩道@東広島市 | トップページ | 思いつきの雪遊び »

2009年1月 3日 (土)

穏やかな正月と日本酒

冬型の気圧配置で荒れ気味の正月予報も思ったほどではなく
初日の出も見えそうな穏やかな元旦

近所のお寺と神社で除夜の鐘初詣を済ませ、どこにも出かけない正月を久しぶりに堪能しました。

※因みに昨年は元旦1日と3日に会社緊急呼出という悲惨な正月^^;

2日には親戚が集まります。
おせちに加え、寒ブリを1本捌き、越前ガニを肴に宴会。

PhotoPhoto_2  日本酒は、しっかりボディの中島屋(山口県)を合わせました。しかし、正月だからとにごり酒にしたのはやや失敗。普通の中島屋の方がカニに合うようです。

もうひとつ用意したのが、玉川酒造(京都府)という酒米を使った純米吟醸。きりりとした中に適度なボディ感があり、ぶり刺し等にばっちり合いました

ここの蔵、300年前の製法で仕込んだTime Machine という摩訶不思議な純米酒があり、これも話の種に取り寄せたのですが、精米歩合88%!木酛造り日本酒度は実に-72!ワインでいえば甘味果実酒レベルの超甘い酒。ラベルに「アイスクリームにかけると美味しい」と書いてあり、早速実行したら、女性陣に大受け。ブランデーケーキにも十分使えそうです。みんな、「日本酒って奥が深い!」と喜んでいただけたようです。

先の見えない年と言われながらの新年、とりあえず旨い酒と肴でスタートできた事に感謝。

« 冬の散歩道@東広島市 | トップページ | 思いつきの雪遊び »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240549

この記事へのトラックバック一覧です: 穏やかな正月と日本酒:

« 冬の散歩道@東広島市 | トップページ | 思いつきの雪遊び »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ