« 広島の食材と日本酒10銘柄飲み比べ会 | トップページ | 冬の散歩道@東広島市 »

2008年11月26日 (水)

鳥取温泉 観水庭こぜにや

【2008年10月】

鳥取市は、温泉地としてのイメージは薄いが、実は中国地方屈指の湧出量を誇る温泉地。だから市内のシティホテル、ビジネスホテルも温泉大浴場を持っているところが多い。

鳥取駅周辺には、観水庭こぜにや、温泉旅館丸茂、ホテルモナーク鳥取、ホープスターとっとり等の旅館、ホテルがたくさんある。

その中でも、源泉掛け流しで知られる老舗旅館の観水庭こぜにやを訪れた。

建物は和風モダンな造り。駐車場にクルマを停めると、ドアマンが近づいてくる。

「いらっしゃいませ。」
「日帰り入浴だけさせて貰えますか?」
ドアマンはにっこり笑い
「もちろん結構です。ご案内します。どうぞ。」

作務衣を着た怪しい人物でも気持ちよく応対してくれる。フロントに案内され、入浴料1,050円を支払い、そのまま湯殿まで案内してくれる。

PhotoPhoto_2湯殿は独立した建物。法隆寺の夢殿のような八角形をしていて、それぞれの辺にあたる部分が、露天風呂、岩風呂、檜風呂、家族風呂など異なる趣向の風呂となっている。なかなか工夫された造り。

湯番と思われるご年配の女性が、丁寧にひととおりお風呂の説明をしてくださった。
「ごゆっくりなさってくださいね。」
とても感じがよい。

Photo_6Photo_3湯温は40℃強だろうか。資料によると源泉は56℃と適温なので、非加水、非加熱の源泉掛け流しが可能なのだろう。ただし、夏は加水するとのこと。

泉質はナトリウム・塩化物硫酸塩泉。ほぼ透明の湯だが、僅かに茶色の浮遊物がある。アロマは特に感じない。

湯に浸かっていると、市街地のど真ん中で入浴していることを忘れてしまう静かさ。清潔感のある施設に気持ちよい従業員さんの応対、都市型の温泉施設のお手本になれる旅館だと思う。

*** *** *** *** ***

観水亭こぜにや

鳥取市永楽温泉町651

電話0857-23-3311

オフィシャルサイト

地図(ここをクリック)

« 広島の食材と日本酒10銘柄飲み比べ会 | トップページ | 冬の散歩道@東広島市 »

温泉 鳥取」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240553

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取温泉 観水庭こぜにや:

« 広島の食材と日本酒10銘柄飲み比べ会 | トップページ | 冬の散歩道@東広島市 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ