« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月25日 (土)

伊方亀ヶ池温泉(再訪)

前回のコラムに、愛媛県伊方町の亀ヶ池温泉が8月19日、リニューアルオープンするという情報を頂きました。

偶然この日は四国に滞在中だったので、早速行ってみました。

*** *** *** *** ***

今年1月に訪問した伊方亀ヶ池温泉。(その時のコラムはココ)恐ろしくシンプルな日帰り施設だが、やや濁りのあるアルカリ塩化物泉を源泉のまま掛け流す良い湯だった。
どんな施設に生まれ変わるのか楽しみである。

Kamegaikeonsen8191オープンは8月19日の午前10:00と聞いていたが、早めに行こうと9:20に到着。なんと駐車場には100台くらいのクルマ。(@@) オープンセレモニーがあるのでたくさんの人出らしい。地元の太鼓、町長挨拶、餅まき・・・

Kamegaikeonsen819ashiyu セレモニー中は館内には入れないが、玄関前には無料の足湯がある。ゆずの実がたくさん入れてあるのは、地元の特産なのか。

10:00に開館。館内に入る。靴を下足箱に入れ、入浴券を購入。大人600円と金額は以前の3倍になっている。相当お金がかかっていそうな施設なのでこれはやむを得ないだろう。鍵をロッカーキーと交換していよいよお風呂へ。

Kamegaikeonsen819uchiyu 脱衣場から浴室に入ると、ジャグジー大浴場、外に出ると、3種類の露天風呂がある。以前に比べると浴槽の総容積は数倍になっている。

湯に浸かる。残念なことに塩素投入で以前の鉱物臭は感じられない。濾過してあるのか湯も透明。塩分は残っているし、すべすべ感も感じることはできた。しかし、完全な循環型浴槽。今日は初日なので湯はきれいだが・・・。

Kamegaikeonsen819roten2 湯温は、以前より高く40℃を超えている。加熱していると思われる。すべての浴槽に入ってみたが、アロマ、湯の肌触りから、以前の湯のインパクトは感じられない。どうやら源泉掛け流しの浴槽はないようだ。

設備面では、レストルーム、レストラン、マッサージなど充実している。泉質にこだわらず、ゆっくりと過ごすには安くて良い施設。利用頻度の高い地元の利用者が望んだスタイルがこの形態だったのであれば仕方ないが、設備の拡大の代償として新鮮な湯を失ってしまったのは、個人的にはとっても残念。

*** *** *** *** ***

今回の四国行きで、伊方町の近隣、八幡浜市で気になる美味しいものを探してみましたので紹介します。

川亀酒造

Kawakamezenkei  私の地元、東広島の某Barで飲んだここの生酒が美味しかったので、機会があれば訪ねてみようと思っていた。

到着すると、全国新酒鑑評会5年連続金賞受賞の垂れ幕。うーん、期待がふくらむ。(^^) 30歳前後の若いご夫婦が経営されている小じんまりした造り酒屋で、創業105年のセンチュリーカンパニー。(造り酒屋には多い話だが^^;)
Kawakametennaiご主人は5年前まで東広島にお住まいだったと聞いて驚いた。広島大学大学院、酒類総合研究所で酵母の勉強をされたとの事。奥様も東広島の方という事で、思わず長話してしまった。

生酒は春しかないということで、山廃仕込みの火入れ限定酒(四合瓶1,575円)を買って帰った。
Kawakameyamahaijunmai これも美味しい日本酒でした17BY(17年秋の収穫米を使って、18年6月までに仕込んだ酒)なので、約1年寝かした酒。山廃にしては比較的上品あっさり系ですが、淡麗とは反対方向の、古来の日本酒らしい風味。広島沿岸部の酒は、瀬戸内の魚に合う風味なのですが、それらと共通した風味を持つ、魚料理の旨みを引き立たせる酒です。さすが、さかなどころの酒。
ただ、素人的発想と、ブルーチーズに合う日本酒を探したりするやや変わった酒飲みとしては、もう1~2年寝かせてもイケそうな気がします。3本買ったので、1本は我が家の土蔵の中で寝かせてみようかと思ったり。(作った人に叱られそう^^;)

もうすぐ18BYが出荷開始とのことで、17BYの残りは四合瓶が数本だけだそうです。

  川亀酒造ホームページ

じゃこ天・はらんぼ

Jakotenup

八幡浜をクルマで走っていると、てんぷら、ちくわ等の看板が目立つ。さすが四国最大の水揚量を誇る漁港

私は、八幡浜のじゃこ天が大好物。骨まですり潰したジャリジャリとした食感で、お酒のつまみによく合います。

はらんぼとは、八幡浜近海で獲れるホタルジャコの俗称。体長10cmくらいの小さな魚だが、刺身でも旨い。
はらんぼのジャコ天は、ジャコ天の王様。

伊達政宗の長男秀宗が仙台から宇和島藩に転封された際、仙台のかまぼこ職人を連れてきた。それ以来、この地で練り物が盛んになった。そして、かまぼこにも使えない小魚を捨てるのもったいないから自分たちで食っちゃえと、骨ごとすり潰して練り物にしたのがジャコ天の始まりだと聞いたことがある。真偽は不明だが・・・。

どこのお店がおいしいのかわからないので、地元で聞いたところ、二宮てんぷら店が人気とのこと。早速買って帰りました。

これがメチャ美味しい。ジャリ感と肉厚のバランスが良く、クセになりそうです。

二宮てんぷら店
住所:愛媛県八幡浜市古町1-3-27
TEL:0894-22-1442

漁がない日はお休みという不定休らしい。

運悪くお休みの時でも、他にもおいしい店はたくさんあるので、八幡浜に行ったら是非じゃこ天を食べてみてください。特に揚げたては最高ですよ!
(^Q^)アーン

2007年8月13日 (月)

いつの間にか10000HIT!?

このブログを始めて早や10ヶ月。

ブログの機能については恐ろしく不勉強なのですが、先日、アクセス解析を見ていて累計アクセス数が9800を越えていることに気づきました。

広く世間にもの申したいという訳でもなく、○○ランキングとかに挑戦するわけでもなく、知人への温泉紹介、あるいは自分自身の防備録としてやっているようなものなのですが、それでもこれだけのアクセス数になっていることに少々驚いております。

特に最近アクセス数が増えており、2ヶ月前までは1日20件くらいだったのが最近は1日30~50件くらい。理由は分かりませんが・・・。

また、リピート率も解析できるようになっていて、どこの誰かは分からないけれど、訪問回数別に人員が出ていました。

これによると、10回以上訪問いただいている方が25人いらっしゃるようです。

コメントを頂く方以外にも、よくお訪ね頂く方がたくさんいらっしゃるのに驚きました。いつもご愛読ありがとうございます。

機能の中に、アクセスカウンターというものがありましたので、表示してみました。
まもなく到達する10000HITはどなたになるのかな?少々楽しみです。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ