« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月27日 (金)

吉岡温泉・上湯(吉岡温泉館)

梅雨も明け、ずいぶん暑くなって参りました。

今回は、PCにある写真の中から、涼しそうなものを選ぶことにしました。

*** *** *** *** ***

【2005年2月】

日本三大仇討ちのひとつ、伊賀越えの仇討ちで有名な渡辺数馬を偲んで鳥取市内にある興禅寺にお参りした。今夜の泊まりは三朝温泉。

雪の降りしきる中、地図を眺めていると、湖山池の南岸にある吉岡温泉に目がとまった。

「そういえば、吉岡温泉は未だ行ってないなあ。」

今、参拝した興禅寺は、鳥取藩主池田家の菩提寺である。そして吉岡温泉は池田の殿様が湯治場として通っていた湯。ここで目にとまったのも何かの縁ではないか。

「雪が積もるリスクを冒して吉岡温泉に行くか、それとも無難に三朝温泉に直行するか・・・。」

カーラジオの天気予報は、鳥取全県下に大雪注意報発令と言ってる。が、結局、ハンドルを持つ手は自然に吉岡温泉へと向かっていた。
だいたい、入ったことのない温泉をやり過ごすと、後でとっても後悔するのが私のパターン。
4WD+四輪スタッドレスを信じることにする。

興禅寺から吉岡温泉までは約15km。鳥取市内を横断するのと、降雪のためかクルマの流れが悪く、約40分で到着。

湖山池から山あいに進むと、三方を山に囲まれるように吉岡温泉街がある。入口には、「ホタルの里 吉岡温泉」と書かれたアーチ。そこから狭い道を挟むように、古い家並みが温泉街を形成している。とっても鄙びた温泉場。

降雪はだんだんとひどくなる。猫の子一匹歩いてはいない。温泉街を散策、とかいう気分にはとてもなれない。共同浴場は上湯、下湯とふたつあるが、目の前に駐車場がある上湯に入ることにした。上湯の別名は吉岡温泉館。

Yoshiokaonsenkan外観はそれなりに立派な建物。入口を入ると受付がある。

「こんにちは」(^o^)

「・・・・。」

「タオル持ってきてないんですが、ありますか?」

「ないよ。」

なんとも愛想のないおばさん。
ここに限らず鄙びた温泉場の番台は、なぜか愛想の悪い人が多い。しかし、入湯税だけで150円という所が多いご時世に200円程度で温泉に入れるのだから、十分なサービスを求めるのも厚かましいと思い、どこでも私は気にしないことにしている。

雪の中、再び外に出て3軒隣の雑貨屋(これも今では珍しい!)でタオルを買い、改めて200円を払い中に入れてもらう。

脱衣場や浴場は、建物の外観以上に鄙びている。浴室はグレーと茶色が基調のタイル張り。ところどころ剥がれている。浴槽もタイル。底だけが青いタイルなので湯の色は一見わかりにくいが、透明な湯。

「あちっ」(≧▽≦;)

湯温はかなり熱くて45℃くらい。タオルを買いに行ったりで、かなり体が冷えていたこともあり、足をつけたら飛び上がった。
たっぷりかけ湯をして慣らしながら、改めてゆっくりと足を入れる。足先がジンジン痺れたような感じだが、今度は浸かることができた。

泉質はアルカリ単純泉。スベスベ感はあるが、そんなに強くはない。有福温泉くらいな感じなので、phは8~9の間くらいか。
浴槽の中央付近から源泉そのままの熱い湯が噴き出していて、かけ流されている。湯の鮮度は十分。微かな鉱物臭もあった。

天気が悪いにもかかわらず、地元のおじいさんらしき人達が入れ替わり入ってくる。常時3~4人いる状態。

「どちらから?」

「広島です。」

「ほぉ、そりゃ遠くからわざわざ・・・」

「池田の殿様の湯治場だったと聞いて、一度入ってみたかったんです。」

「よう知ってらっしゃる。ここは、昔から静かな温泉じゃった。湯もええよ。水脈が浅いところを通っているのでちょっと掘れば湯が湧くんじゃ。」

「いい湯ですよねえ。ここのように昔から適温の湯が湧いている温泉場は、なかなか少ないんですよ。」

鳥取は、たくさんの温泉があるが、浅い水脈で昔から自噴しているような温泉が多い。白山火山帯がちょうど良い加減で通っているのだろう。この火山帯がもう少し南を通ってくれていれば、広島県も温泉が湧いていただろうに・・・。

Uomidai温泉を出て、山越えを避け、国道9号線を三朝方面に向かう途中、泊(とまり)という町がある。

ここに潮風の丘という小高い丘がある。真冬の季節風が吹きすさむ中、潮風(^^;)もないもんだが、何となく上ってみた。

水墨画のようなモノトーンの冬の海。遠浅の浜に白波が一定のリズムで打ち寄せる。しばらく眺めていると、とてももの悲しくなる。

三朝温泉の暖かい湯が急に恋しくなってきて、クルマを走らせた。

2007年7月17日 (火)

夏の温泉めぐりには作務衣

「トトロさん、さすがに夏は温泉のはしごなんてできないでしょう。」

知人からよく言われます。

「そんなことないよ。入りたい温泉があれば、何軒でも回るよ。」

「えぇ?暑くて汗引かないでしょ?」(トトロ体型だと特に・・・^^;)

実は、夏の連続入浴を可能にする秘訣があるのです。

それは、私が常用する作務衣(さむえ)

*** *** *** *** ***

話は少々脱線しますが・・・

作務衣は、元々お坊さんの作業着。最近は、居酒屋さんなどでユニフォーム代わりに使われていることも多い和装着です。

甚兵衛と作務衣はよく似てますが、袖丈、裾丈が全く違います。甚兵衛が半袖、半ズボンとすれば、作務衣は長袖、長ズボン。
私の定義は、甚兵衛は江戸時代の庶民の服が、湯上がり着、室内着としてのみ生き残ったものであり、作務衣は、作業着として現役で生き残っている屋外着。
だから、いくら夏でも甚兵衛を温泉めぐりに着て歩くのは抵抗があるんです。

*** *** *** *** ***

話を元に戻します。

作務衣は、正直、Tシャツと比較すると、夏の外出着としては暑い。

しかし、幅広の袖口、ゆったりとした胴回りが、風を通すにはたいへん好都合なのです。

夏場、温泉から上がると、汗が引く前に作務衣を着て、次の温泉に向かうため、クルマに乗ります。

クルマのエアコン吹出口は、だいたいハンドルの左右にあります。

エアコンの風が、左右のハンドルを握る手の辺りに来るように調整し、エアコンの風量を最大にします。

すると、作務衣のゆったりとした袖口から、エアコンの風が吹き込みます。袖から背中を通って、襟と裾へと抜けていくのです。コツは、背中をシートから浮かせておくこと。そうすれば、作務衣は、風を受けて船の帆のようにふくれます。

冷気が直接肌をなでて通り抜ける訳ですから、その効果は、スパにあるクーリングルームに匹敵します。エアコンの風量を最大にすると、トトロ体型の私でも5~6分で汗が完全に引いて寒いくらいになります。普通の人だと2分くらいで十分だと思います。

これで、また次の温泉に入りたくなるという訳です。(^^;

これが、作務衣以外だと、エアコンが当たるところだけ冷えて、背中は汗だくのまま。風邪をひきそうでゆっくりとしか冷やせません。

作務衣は、裸足にも似合ううえ、服自体も脱ぎやすく、脱いだり着たりの繰り返しになる温泉めぐりにはとっても便利です。

温泉のお好きな方は、是非お試しください。(^^)

【注】 作務衣には、袖を絞ったものもあります。購入時には必ず袖空きを買いましょう。

Totorounten2 トトロ式強制冷却法のイメージ

※ お絵かきソフトがペイントしかないので、ヘタクソな絵でスミマセン・・・。

2007年7月 7日 (土)

三瓶温泉・国民宿舎さんべ荘(再訪)

いつもひとりで温泉巡りをすることが多い中、久しぶりに大人数で温泉に行くことになった6月某日、町内会の日帰りバス旅行で、行き先は、島根県の国民宿舎さんべ荘

さんべ荘は、以前コラム(2006年10月)で書いたことがあるので再訪レポート。

Zenkei 経路は、東広島~三次~赤名~飯石ふれあい農道~三瓶という経路。2時間30分で到着。

到着後はすぐにお風呂へ。以前と同様、内湯は濾過循環式塩素消毒の湯。外へ出たところの露天風呂も同様。この先にある、源泉掛け流しの樽風呂エリアが私のお気に入り。

Hikanetu1 最近の源泉掛け流しブームのおかげかもしれないが、樽風呂を増設、このエリアが充実した。

樽風呂は小さなものだと1人、大きなものでも3人くらいしか入れない。数が増えたのはありがたい。

Kanetu1 非加熱加熱の2種類の源泉掛け流しがある。非加熱は35℃くらいのぬるい湯。加熱は40℃くらい。泉質は含炭酸ナトリウム塩化物泉

非加熱の湯に浸かってみる。白を基調に緑と茶色が混ざったような濁り湯昨年来たときと比べ、若干、成分濃度が上がったような印象。特に、炭酸分が顕著。肌の表面に二酸化炭素の小さな泡が付くのだが、今回は泡付きが良い。

続いて、加熱掛け流しの樽風呂へ。こちらはやや赤褐色がかった湯。加熱による成分変化で変色するのが面白い。加熱で炭酸分は飛んでしまうのか、泡付きはないが、湯の鮮度は高く、気持ちよい。

6月ともなると、非加熱の湯でも十分楽しめる。ただ、体温以下なので暖まることはできない。それで加熱浴槽と非加熱浴槽を行ったり来たり、交互に浸かった。私以外にもそんな入り方している人は多く、ここの標準的な入浴法かも。
今回は食事時間等の制約があるので、40分ほどしか浸かれなかったが、ひとりで来ていれば1時間半くらいは浸かったかもしれない。そのくらい気持ちいい湯。

Ashiyu これだけ源泉掛け流しの露天風呂が充実してくると、内湯は洗い場としてしか使わない。日曜日で入浴者も多かったが、内湯は人が少ない。目を離した隙に、私の息子が泳ぎ始めたほど。もちろん、すぐに捕まえて、叱りました。( `◇´)

駐車場には無料の足湯もできていて、施設の充実ぶりが目に付きます。

この度、世界遺産登録された石見銀山温泉津温泉ですが、温泉津は収容能力が小さく、どっと人が押し寄せると大混雑が懸念されます。

三瓶温泉から石見銀山までは車で40分と、ほどよい距離。世界遺産登録で大量に押し寄せる観光客に、地味ながら良い温泉、三瓶を世に知らしめるチャンスなんでしょうね。頑張って欲しいものです。

Ajisai2

駐車場入口の紫陽花がとても綺麗でした。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ