« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月26日 (土)

混浴エピソード 東郷・谷水旅館 3

*** 前回より続く ***

男は思わず視線を女性に向けた。目が合う。
(ビンゴ!)男は思った。このリアクションは「脱いでもいいよ。」に等しい。強いて言えば、あとは「あなたのせいよ」という言い訳を用意してあげればよい。

「そうしなよ。その方が気持ちいいよ。向こう向いてるから。」
男は湯船の縁の方を向いた。

「・・・・・。」

刹那、背後で女性が浴衣を脱ぐ気配を感じた。こういう時は、女性から声がかかるまで振り向かないのがマナーだろうが、男は、残念ながらそこまで紳士ではなかった。そっと振り向く。

「・・・!」

思わず声が出そうになったのを飲み込んだ。女性は後ろ向きで浴衣を脱いだところだった。適度にくびれた美しいシルエットに形の良いヒップ。そして背中には・・・色鮮やかな竜の絵が描かれていた。
最近多いボディアートとか、東南アジアの女性がやっている魔よけのようなワンポイントではない。背中一面を覆うジャパニーズ・トラディショナル・刺青である。

男はそおっと縁石の方に向き直った。のぼせるほど浸かっているのに冷や汗が出る。狼狽気味の頭の中を必死で整理した。

彼女の刺青は、やんちゃのレベルを超えている。
きっとソノ筋のオンナだろう。姐さんという雰囲気ではないので情婦か?
それならそれで、もっとそれとわかるような仕草をしてくれよ。
わかってりゃ口が裂けたって「脱いだら?」なんて言わないし。
そうだ、彼女は、俺が見たことに気づいているんだろうか?
彼女はなんで脱ぐと言い出したんだ?刺青のリスクを冒してまで。
もしかしてからかわれたのは俺の方か?そうだとすれば、この後どう振る舞うべきか・・・。
そんなことが頭の中を駆け回る。

「こっち向いてもええよ。」

彼女の声に心臓があばら骨を蹴り上げた。こうなれば成り行きに任せるしかない。彼の仕事はネゴシエーターだ。ポーカーフェイスにはそれなりに自信はある。
男は、平静を装って振り向く。彼女は浴衣を脱いで、向かい合うように湯船に首まで浸かっていた。

「どう?やっぱり気持ちいい?」
「うん、最高や。やっぱ温泉は何もなしで入るんがええ。」
「恥ずかしくないだろ?」
「・・・連れが紳士やからな。」 と言って、いたずらっぽく笑った。
微妙なリアクションだ。背中を見られたことに気づいているのかどうかわからない。

その後しばらくは、たわいのない会話に終始した。
男は風呂から上がるタイミングを伺っていた。ここにいてもこれ以上楽しいことが起きることはない。あるのはリスクばかり。
何しろ男と女が裸でいるわけだ。彼女に悪意があれば、いくらでも因縁を付けられる。

しかし、ふたりきりというのは、上がるタイミングが意外に難しい。
飲み屋で、ママさんとふたりだと、なかなか切り上げるタイミングが難しいのと同じだ。そういう時は次の客が入ってきた時が絶好のチャンスなんだが。

彼女と5分も話をした頃、建物から浴衣がけの初老の男性がひとり近づいてきた。
(ラッキー!) 男は心の中で叫んだ。彼と入れ違いに、「じゃあお先に。」とさりげなく上がることができる。
会話もさりげなく終わる方向に相づちを打ちながら男は上がる準備を進める。初老の男性がゆっくりと湯船に近づいてきた。
男がまさに「じゃあ」と言おうとした瞬間、初老の男性が先に言葉を発した。

「おまえ、なんちゅう格好しとるんじゃ。」

「あ、パパぁ。」

男は、のぼせるほど浸かっていたにもかかわらず、血の気が引いていくのを感じた。
パパなる人物は、決して血縁上の父ではなさそうだ。ドスの効いた言葉と眼力(めぢから)がただ者ではない。
彼女が「連れは大浴場が好きでない」と言っていたことを思い出した。今では悲しいほど理解できる。

きっと、パパは、彼女がなかなか戻ってこないので様子見に来たに違いない。そこで彼は刺青も隠さず男とふたりで入浴しているのを見つけた。彼女のそばには、濡れた浴衣が置いてある。今脱ぎましたと言わないばかりに・・・。
この状況を、パパが好意的に受け取ってくれる確率は、おそらくロト6で6億円が当たる確率より低い。

「・・・・・・・。」

パパなる人物は、彼女が他の男の前で肌をあらわにしたことが明らかに不満のようだ。何も言わずジロっと男を睨んだ。男は全身の血が一瞬凍り付いた。
その後パパは彼女を睨む。 彼女は、パパを見上げると、やや甘え口調で言った。

「だってこの方が気持ちええんやもん。」

とりあえず、男のせいにしなかった彼女に内心感謝した。
パパは彼女と話し始めた。
最大の危機は脱した。しかし、いずれにしても長居は無用だ。この後、話の成り行きで彼女が彼のせいにしない保証はない。
男は、夕食で食ったマツバガニの如く、さりげなく横ばいしながら徐々に距離をとる。対岸までの5mがやけに遠い。

彼女がパパに「赤のアウディ買ってよ。」などと、のたまっている隙に、男はようやく湯船から出ることに成功した。体もろくに拭かず浴衣をはおり、逃げるように部屋に帰る。
部屋の鍵をかけると、安心感と疲れがどっと吹き出し、男はすぐに眠りについた。

翌朝は朝食だけチェックを済ませると、7時半には出発することにした。
早く家に帰って、半日だけでも代休を楽しもうと男は駐車場に向かう。

昨夜のことを振り返る。露天風呂で彼女をからかおうと思って、結局、からかわれたのは俺の方だった。まさか、あんな普通の娘が刺青背負ってるなんて反則だ。それにしても、会話でも全くソッチ系の気配は感じなかったなあ。これもご時世か。まあ、無事で済めば、旅先では多少のハプニングがあった方が楽しいもんだ。

男は駐車場から車を出した。
早朝で誰もいない中、隣に駐車してある神戸ナンバーのベンツ600SELだけが男を見送ってくれた。

(完)

混浴エピソード 東郷・谷水旅館2へ

混浴エピソード 東郷・谷水旅館1へ

2007年5月 4日 (金)

混浴エピソード 東郷・谷水旅館 2

*** 前回より続く ***

女性は2mほど離れた斜向かいの位置に浸かった。満月に照らされて外灯がなくても互いの顔がはっきり見える。
「旅行で来はったんですか。」
「いえ。残念ながら、仕事ですよ。」
「おひとりで?」
「そうです。」
「お仕事で、ひとりで温泉に泊まるって珍しいですね。」
「そうかもしれませんね。」
「・・・もしかして小説家とか?」
「そんなに知的に見えます?」
「そうでもないか・・・。」
「・・・フォローになってないですよ。」

結構人なつこいというか、屈託なく話しかけてくる。まったりタイムどころではない。こうなれば女性と混浴という状況を最大限楽しもう。男は、少し悪戯することにした。

「最近、温泉はどこか行った?」
「有馬温泉はよく行くけど。陶泉御所坊とか。」
「おお、いい宿にお泊まりですね。有馬はお湯もいいし。」
「でも、ここみたいな鄙びた宿も気兼ねがなくて好き。・・・お気に入りの温泉ってあります?」
「うーん。いくつかあるけど。純粋に一番感動したのは平内海中温泉かな?」
「それ、どこ?」
「屋久島。波打ち際の岩の間から硫黄泉が湧いていて、潮が引くと湯船ができるという・・・」
「それ、テレビで見たことある。すっごく良さそうですよね。」
「最高だよ。目の前は太平洋。回りは何もない大自然。大きな波が寄せてきて岩礁にぶつかりながらだんだん小さくなって最後にちょろっと湯船に入ってくる。一定のリズムで繰り返すんだ。」
「行ってみたーい。」
「そこは、自然のままだから、湯船も混浴。脱衣場もなくて、男も女もみんな岩の陰で適当に脱いで入るんだ。」
「えーメチャ恥ずかしいやん。」
「それが不思議なほど恥ずかしくないんだ。俺が行ったときも男女が5~6人はいたけどみんなタオル1枚で入ってたよ。たぶん、自然に囲まれたあの雰囲気がそうするんだと思う。それと、みんな裸だったら恥ずかしくないんだ。」
「なんか信じられへん。」
「ホントだよ。その時、パジェロに乗った男女4人グループが来て、水着のまま入ってきたんだ。水着での入浴は禁止なんだけどね。その時、自分が裸の時に、裸でない奴がいたら恥ずかしくなるってわかったんだ。みんなもそうみたいで、特に女の子はみんな上がってしまったんだ。」
「それってあるかも。」
「今だって恥ずかしくないと言ったら嘘になるかな。」

男はさらっと言っていたずらっぽい視線を送った。女性は見つめ返してにこっと微笑んだ。

「・・・そう来たか。そのために平内海中温泉の話したんや。」
「成り行きだよ。あなたの質問に答えただけ。」

女性は立ち上がって湯船の縁に腰掛けた。浴衣を着ているとはいえ、濡れていては体のラインは隠さない。男は視線を横にそらし、やがて星空を見上げた。湯船から出た女性から視線をそらすのは混浴マナーの基本である。

「この前、湯原温泉の八景ってホテルに泊まったんや。目の前に有名な河原の露天風呂があった。」女性が話し始めた。
「西の横綱って呼ばれている砂湯だね。」男は視線をはずしたまま相槌を入れる。
「そう。夜遅く、若い女の子が2人、フェイスタオルだけで入ってた。他に誰もいなかったし。」
「あそこは八景から丸見えでしょ?勇気あるなあ。」
「そうとも思ったけど、気持ちよさそうだった。あなたは男性やからわからへんと思うけど、バスタオル巻いてると、メチャ重い、ずれる、張り付くで、決して気持ちようはないんやで。」
「へえ、そんなもんか。でも、わかるような気がする。」
「そん時もうちはよう入らへんかった。でもホントはなんもなしで入るんが一番気持ちええんや。」

女性はそう言うと立ち上がって湯船の中を歩き出した。男は星空を見上げたままだが、その気配は感じていた。

「・・・脱いじゃおうかな。」ぽつりと女性が呟いた。

*** 次回に続く ***

混浴エピソード 東郷・谷水旅館3へ

混浴エピソード 東郷・谷水旅館1へ

【お詫び】

先月中旬、義母が倒れて妻は実家へ。普段、靴下の収納場所も知らない亭主はパニック状態で、ついついブログの更新間隔が開いてしまいました。

メールで様子伺い頂きました皆様、ありがとうございました。

普段ご来訪いただいている皆様、ご心配をかけ申し訳ございませんでした。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ