« 千原温泉 | トップページ | 温泉津温泉・薬師湯・元湯 »

2007年3月17日 (土)

温泉津温泉街

パソコンデータの整理をしていたら、昔、携帯で撮った温泉津温泉の写真が出てきた。 「おお、こんなところに・・・。」 温泉津は私の最も好きな温泉場のひとつ。ただ、写真がなかったのでブログに載せる気が起きなかった。そのときのメモもあるので、早速ご紹介します。(^^)

【2004年3月】

東広島から温泉津温泉へは、浜田自動車道が早い。志和ICから広島JCT、広島北JCT、千代田JCTと進み浜田ICの手前のJCTから江津道路へ。終点の江津ICまでは約123km、90分。ここから国道9号線を松江方面に17km25分走ると温泉津温泉のサインがあるので、左折すると、大正~昭和の風情を残す家並みが見えてくる。ここが国の重要伝統的建築物群(町並み保存地区)にも指定されている温泉津温泉街。

町並みの中にも駐車場はあるが、私は町並みの入口、ゆうゆう館の駐車場にクルマを駐め歩くほうが多い。タイムスリップしたような町並みの風情は、歩いてこそ感じることができるから。

0403 温泉津は、1300年の歴史を持つ古湯である。最も栄えたのは17世紀の戦国時代から江戸初期にかけて。ヨーロッパ、中国など、世界が銀本位制経済の時代にあって、大森(岩見)銀山は世界最大の銀山だった。温泉津は大森銀山の積出港、貿易港として栄え、江戸が人口100万、世界最大の都市だった頃、温泉津は人口15万人だったというから恐れ入る。

0403_1 今は人口4000人の小さな町だが、立派な神社仏閣がいくつも残っていることから当時の繁栄ぶりを偲ぶことができる。庄屋屋敷や細川幽斎ゆかりの恵珖寺、浅原才市ゆかりの安楽寺、北前船の守り神龍御前神社などを廻りながら町並みを散策するのも楽しい。

町並みの中心まで進むと、右手に薬師湯が見えてくる。その前を通過して徒歩1分、今度は左手に元湯。これが温泉津温泉街にある共同浴場。前振りが長くなってしまったので、共同浴場は次回にします。

« 千原温泉 | トップページ | 温泉津温泉・薬師湯・元湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240679

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉津温泉街:

« 千原温泉 | トップページ | 温泉津温泉・薬師湯・元湯 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ