« 手打ち蕎麦 | トップページ | 岩井温泉・共同浴場湯かむり温泉 »

2007年1月 3日 (水)

伊方亀ヶ池温泉

【2007年1月】

今年の温泉入り初めは、愛媛県の佐田岬半島にある伊方亀ヶ池温泉。平成16年に開業したばかりの日帰り温泉施設である。

Photo_27Photo_30 伊予大洲市から国道197号線を佐田岬方面に向かう。八幡浜市街地を抜け、佐田岬半 島へ。伊方町に入り、道の駅伊方きらら館を過ぎ約2km、2つの風力発電用風車を過ぎたところにある十字路を左折し坂道を下ると二見地区という500人ほどの小さな集落。新しい温泉はこの集落にある。

Photo_31 外見はとても質素な建物。入口に料金所があり、中にはおばあちゃんが二人。

「町外の人は200円だよ。」 ちなみに町内者は100円なんだそうだ。脱衣場から浴室にはいると、コンクリート造りの10人くらい入れる浴槽。外Photo_32 観もそうだが、一貫してとってもシンプル・・・を通り越して味も素っ気もない造作。泉質重視で施設には拘らない私でも、平成16年の新築なんだからもう少し何とかできなかったものかと思ってしまう。

肝心の湯は・・・これがなかなか秀逸。源泉は地中1500mから45℃のお湯を汲み上げている。現在は毎分200リットルと浴槽のサイズにしては十分な量。非加熱のままパイプを通じて浴槽の下の方から吹き出しており、排水溝からかけ流されている。温度調節用なのか、加水できるようにもなっているが、この日は源泉のみ。温度は約40℃とちょうど良い。泉質は成分分析表によると、ナトリウム塩化物泉。ph8.4、成分総計1.542g/㎏の弱アルカリ性低張性高温泉となっている。湯の色は薄い黄緑色。ほのかな鉱物臭と若干の塩味。アルカリ性塩化物泉という事で約30分の入浴で肌は見事にすべすべになった。

Photo_33 続いて露天風呂へ。こちらは定員1名の樽風呂。こちらも源泉が贅沢にかけ流されている。大柄の私が入るとザーっと大量の湯が溢れる。アルキメデスの法則を思い出し、100リットル以上の湯を流してしまった事への罪悪感を感じる。本当は内湯でも同じ量の湯を流しているはずなんだが・・・。光の加減か、色は内湯と違いやや白濁。成分総計からして濃い湯ではないのだが、湯の花がふわふわと漂う見た目効きそうな湯。冬の露天風呂は頭寒足熱が心地よくいくらでも入っていられるが、他のお客もいたので長湯で独占はまずいかなと10分弱で出て他の人と入れ替わる。再び内湯へ戻ると湯船にはおじいさんがひとり。

「いやあ良い湯ですねえ。(⌒ー⌒) 」

「ここは3代前の町長がふるさと創生1億円で掘ったのよ。温泉掘る町長は次の選挙で落ちるというジンクスがあるのにの。」

「へえ。で、選挙は?」

「落ちた。」

国敗れて山河あり。選挙に敗れて温泉あり・・・って世の常とは知らなかった。(^^;

おじいさんの話は続く。伊方町はじめ佐田岬半島の各町は産業もなく貧しいこと。この温泉は町営だが、維持費を抑えるため、老人会が運営していること。今年の7月には総工費25億円をかけて、ここの温泉をさらに大規模にリニューアルオープンすること・・・。

産業のない町が、観光産業の目玉に温泉を掘る話はよくある。幸い、伊方町には良質の温泉が出た。この設備を大きくした時、現在の非加熱非加水の掛け流しが維持できるのか、温泉好きの私はとても気になるところ。

ポンプアップの温泉なのでおそらく湧出量は増やせるのだろうが、枯渇という問題もある。欲張らず源泉掛け流しの温泉に特化して、良質の温泉を維持することが肝要。決して地の利があるとは言えない土地で、よくある循環型の温泉にしてしまえば、他の温泉に対して主張できるところがなくなってしまう。

例えば、海の幸は隣町三崎町の漁師物語や民宿、お土産は道の駅伊方きらら館、そして温泉は良質の源泉に浸かれる亀ヶ池温泉というように、佐田岬半島全体で観光振興を図ることができれば理想かなと思う。

【追記】

平成19年8月19日、亀ヶ池温泉はリニューアルオープンしました。早速行って参りましたので、よろしければレポートをご覧ください。

伊方亀ヶ池温泉(再訪)レポート

« 手打ち蕎麦 | トップページ | 岩井温泉・共同浴場湯かむり温泉 »

温泉 愛媛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240710

この記事へのトラックバック一覧です: 伊方亀ヶ池温泉:

« 手打ち蕎麦 | トップページ | 岩井温泉・共同浴場湯かむり温泉 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ