« 原田温泉・ゆうじんの湯 | トップページ | 奥津温泉1・河鹿園 »

2006年11月26日 (日)

尾道ラーメンと紅茶

温泉の話題から離れますが・・・

Photo_9原田温泉に行ったとき、ちょいと足を伸ばして尾道ラーメンを食べるのが私の定番。ゆうじんの湯からクルマで約25分、尾道市役所西隣の中浜パーキングに駐車。徒歩3分、とりあえず朱華園に行ってみると、11時過ぎなのに既に行列。さすが有名店。 並んでまで美味しいものを食べるというこだわりのない(ただの田舎者?^^;)私は他の店を探す。続いて見つけたのがつたふじ本店Photo_10。ここは会社員風の2人のおにいさんが待っている。

「こんにちは(⌒ー⌒)。ここ、おいしいんですかあ?」

「美味いッスよ^^。(俺たち)しょっちゅう来るッス ・・・」

と言ったところで席が空き、入っていった。1分待たないくらいで私も入る。

Photo_11ラーメンのメニューは「大550円、小450円」の2種類のみ。やや太麺で、見た目ギラギラ、食べるとあっさり醤油系で魚ダシも効いて美味しい!典型的な尾道ラーメン。中浜駐車場の券を見せるとサービス券をくれるのも嬉しい。10分ほどで出たら、10人以上並んでいた。ここも有名店だったみたい。

Photo_12つたふじ本店の向かい側に、「尾道紅茶」の暖簾(のれん)を発見。店の名前は周六。「尾道って紅茶有名だったっけ?」と思い、入ってみることに。外見は昭和モダン風のレトロな建物。中に入ると、真ん中にガラスで覆った古いエレベーターが目を引く。奥にはカウンターがあり、「いらっしゃいませ。」と女性の声。

Photo_14「ここは、古くからやってらっしゃるんですか?」

「いいえ、先月10月10日にオープンしたばかり。この古い建物は元々宮邊商店という海産物屋で昭和7年築。エレベーターは西日本で一番古いらしいんですよ。」

Photo_15メニューは紅茶、コーヒーと、とてもシンプル。セイロン島ウバ産という紅茶を頼む。説明によると、戦前、港町尾道は紅茶を輸入していたが、戦争で中断。再開したのは2005年かららしい。ウバ産の葉は、ウバフレーバーという花のように甘い香りの中にメンソール系の刺激臭がある独特の香りがあり、云々・・・とある。紅茶は詳しくないので取りあえず飲んでみた。タンニンは割と強めだが、くどくない。説明のようPhoto_16なウバフレーバーは正直よくわからないが、香りは良くおいしい紅茶だと思った。現存するレトロ建築にレトロな内装は弦楽四重奏でもすれば良さそうな雰囲気。

本日の2軒、どちらもまた来たくなるようなお店でした。

« 原田温泉・ゆうじんの湯 | トップページ | 奥津温泉1・河鹿園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1614714/43240723

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道ラーメンと紅茶:

« 原田温泉・ゆうじんの湯 | トップページ | 奥津温泉1・河鹿園 »

フォト

面白かった本

  • 渡辺京二: 逝きし世の面影 (★★★★★)
  • 百田尚樹: 海賊とよばれた男 (★★★)
  • 池井戸 潤: オレたちバブル入行組 (★★)
  • 森田 繁昌: はぶてる女 (★★★)
  • 百田尚樹: 永遠の0 (ゼロ) (★★★★)
  • 田中啓文: 落下する緑 (★★★)
  • 藤原伊織: テロリストのパラソル (★★★★)
  • 佐藤賢一: カルチェ・ラタン (★★★)
  • 井上ひさし: 四千万歩の男 (★★★)
  • 冲方丁: 天地明察 (★★★★)
無料ブログはココログ